インプラントを知る

保険適用するインプラント

保険適用でのインプラント治療

インプラントは多くのメリットがありながらも、長いあいだ保険がきかない扱いだったため、高額な治療費がネックとなっていました。それが平成24年の4月から保険の適用が導入され、金銭的な負担を軽くして治療が受けられるようになりました。ただしインプラント治療に適用されるには、いくつかの条件を満たす必要があります。簡単に言うと生まれつきや病気や事故などの理由で、あご骨の3分の一以上が連続して失われている場合などがその条件にあたります。歯周病や老化などでは該当しないので注意が必要です。条件に当てはまるかどうかは、専門の歯科医に相談することで解決します。

インプラントが保険適用になる

厚生労働省で定められた条件をクリアすればインプラントの健康保険治療が可能となる制度が導入されました。適用させるには、インプラントでなければ回復が困難であると判断できなくてはなりません。具体的には腫瘍や顎骨骨髄炎などの病気や外傷によりあごの骨が3分の1以上欠損していることが条件となっており、入れ歯が合わない、虫歯や歯周病で失ってしまった歯の治療として考えている、など一般的な理由での適用は認められていません。また、その治療を受けることができる病院は20床以上のベットがあり、当直医がいるなどの条件が含まれており一般的な歯科医院では条件が整っていないため大学病院などでの治療となります。

↑PAGE TOP